施政方針演説

やあどうも。最近一気に寒くなりましたね。

まっちゃんです。みんながそう呼ぶので多分そうです。何故か代表代行になりました。

今回から(多分)持ち回り制でコラム(ブログ)を執筆していこうと思います。動画投稿に関しては目下製作中ですので、もう少しお待ちください。

さて、何故この記事執筆が始まったかといえば、団体の映像制作の停滞にあります。アマチュアやプロが数人いて分業式に製作するチームならまだしも、ビギナーが集まって、しかも無駄にこだわって映像を作ろうとすると、時間がかかった挙句に旬が過ぎたりします。

 そこに無駄な全体思想を加えると、さらに停滞が発生し、結果として一歩も動けなくなります。これは「何かをみんなでしたい」「強調してやり遂げたい」「仲良く楽しく」にこだわり過ぎた末路ともいえます。(もちろんこれ自体が悪いとは思いません)

 この集団活動の理想と個人の夢想を両方獲得しようと考え苦しんだ代表は、結果的に療養宣言をしました。つまり、彼は失敗したのです。ざまあみやがれ

 個人的な思想を言えば、映像制作は個人または数人で行うのが最適だと考えています。立案撮影編集の流れをスピーディに円滑に進めるためには大所帯にするよりも少数精鋭にした方が最適解です。(無論、撮影段階でスタッフ増強するのはアリです)

 特に我の強いメンバーが多くいる当団体において全体での製作はほぼ不可能に近いです。もし行うとしたら、強権的でナポレオンクラスのカリスマ力がある人間じゃないと無理です。絶対無理です。

 そうなると、細かく部署分けして並列何本かで映像を制作した方がはるかに合理的だと分かります。(何故代表はそこにこだわったのか)正直、MVだけでどうにかするのは無理です。コスパが悪すぎる(確信)。

 代表から代表代行の位を拝命したからにはこの団体の在り方を再決定します。現在こうなっているという事はこれまでの活動は失敗だったという証左になります。

我々は前に進まなければなりません。そのための改革や刷新は必要不可欠です。

具体的な方針は次回報告しますが、おそらくここに僕の思想の全てが詰まっていくと思います。

 では最後にMUVA革命宣言を発表して今回は終了したいと思います。

こんな事やってみたかったんだよなあ(ニコニコ

あれ?結局コラムについて書いて無くね?まあいっか。

最新記事