出歩く時のおともだち

前回僕の執筆事情についてお話ししたと思いますが、今回はちょっと特殊なケースの紹介をします。それは僕の使用しているタブレットを使った執筆の話です。

 前に述べた通り、僕は基本的にパソコンで執筆を行っています。ノートパソコンなので、持ち運びもしやすいですし、何より操作になれているので使いやすいというのもあります。

 しかし、四六時中パソコンをさわれる環境にあるわけではありません。ノートとはいえ少し大きいですし、何より重さがあります。基本的にパソコンを持ち運ぶときは、アダプターとマウス、外付けHDDも一緒なので、かさばりますし、重くなります。

 そういうときに重宝するのが、タブレットです。この記事もタブレットにあるWordで書いています。

 タブレットの利点はノートパソコンよりもさらに小回りが聞くことです。画面1枚ですべて完結することができますし、タッチ操作はより直感的に操作ができるのでポイントデバイス使うより楽です。

 ただ、デメリット(個人的に感じていることですが)もあります。僕はパソコンの人間です。現在の若者のようなフリック操作が全くできません。なので、タブレット(スマートフォンもですが)の入力方法はパソコンと同じQWERTY型のキー入力です。タブレットの画面はまだ大きいので打ちやすいのですが、記号関連のキー配置が凶悪で、ちょっとずれるとすぐに「」が入力されてしまいます。

 昔はそれでよかったのですが、今となってはただストレスしかないので、結局タブレットで使用できるキーボードを購入してしまいました。これで重量はパソコンとそんなに変わらなくなります。

 じゃあもうパソコンでいいやんけ!、って話になります。僕も思います。タブレットの利点がもはやタッチできるだけになっています。タッチ操作って別にできなくても困らないので、このタブレットの存在価値は0になってしまうのでしょうか。

 でも実はゼロにならないんですよね。理由は簡単です。ネット環境が4Gでも使えるからです。このタブレット、実はauのものです。そのため、通信環境がスマートフォンと一緒なんです。もうそれだけでこいつの存在価値は生まれます。

 それに授業を受けるのはパソコンよりもタブレットの方がコンパクトで使いやすいんですよね。画面の共有もしやすいですし。

 前回も言った気がしますが、適材適所です。家ではパソコン、外ではタブレット、家ではトラックボールで外ではマウス、みたいな感じで僕は色々使い分けてます。

 皆さん1枚どうですか?パソコンとスマートフォンの中間辺りにあるタブレット。もしかしたら、意外に合うかもしれませんよ?

最新記事