カップにミルクと角砂糖

『レシピ』

コーヒーは、うまい。

砂糖とミルクを入れる。

カフェオレができる。

『どっちも』

カフェオレは、うまい。

砂糖とミルクだけでは、カフェオレにならない。

コーヒーがいる。

コーヒーだけでも、カフェオレにならない。

砂糖とミルクがいる。

『コーヒー好きに』

うまいコーヒーには、うまいコーヒー豆がいる。

でもそれだけじゃ苦い。はじめは飲めない。

たくさんの砂糖とミルクが必要だ。

それでもそのうち慣れてきて、飲めるようになる。

コーヒーの違いがわかると、もうやみつき。

たくさんの砂糖とミルクは邪魔になる。

『カフェオレ好きに』

もとのカフェオレから新しいカフェオレをつくる。

それは、もとのカフェオレに似たカフェオレだ。

もとのカフェオレが嫌いなら、似たカフェオレはいやだ。

もとのカフェオレが好きなら、似たカフェオレはいやだ。

『うまい』

すごくうまいカフェオレをつくる。

うまいコーヒーとうまい砂糖とうまいミルクがいる。

でも、いいものがうまいとは限らない。

好きなものがうまい。

『ちょうどいい』

コーヒーは、うまい。

きっと、格別だ。ただ僕には苦すぎるかも。

砂糖とミルクを入れる。口当たりが良くなる。

僕は砂糖とミルクが多いのが好きだけど、みんなはどうだろう。

入れすぎてもいけない。少なすぎてもいけない。

ちょうどいいそれは、本当にうまい。

この話はブラックで。

最新記事