日本代表弱すぎひん?

 お久しぶりです。先日サッカーワールドカップの代表選手が発表されましたね。面々を見て「あ、これアカンわ」となった人は正しい感性を持っています。“忖度ジャパン”とか“驚くほどノーサプライズ”とか言われてますが、僕もそう思います。何でケイスケ・ホンダとかいるねんと思います。

 それと前日のガーナ戦。あれも酷かったですね。ただ淡々と負けるのは普通に弱すぎなだけだと思います。ぶっちゃけ条件で言ったら圧倒的に有利なのにそれでも負ける日本代表は逆にすごいです。中盤でバックパス。中に人がいるけど、何故か前を向かない。裏を取れるのに、いったん引く。ゴールをペナルティーエリアで打つ縛り・・・。よくあれで勝てると思います。

 あと、メディアも酷いです。あんな希望も何もない日本代表を擁護しようとする姿勢は日本サッカーの成長を阻害します。本田圭佑を引退に追い込むぐらいには攻めることが出来ないと日本のサッカーは成長しません。香川岡崎もストライカーになるならフリーのシュートぐらい決めてほしいなと思うのは全員でしょう。あと武藤は普通に要らないと思います。ガーナ戦でも際立って酷かったです。柴崎の動きを5本ぐらいフイにしてます。前に向かえないFWは必要ないでしょ。

 散々書きましたが、日本代表がマシになる方法はまだあります。ミドルレンジから決められる人材を作る事です。前々から思っているのですが、日本代表がサイドからのプレイで中に入ってゴールを目指すサッカーをしたいのなら、外から撃てる選手を一人は置くべきです。よく身長差やフィジカル差で中の競り合いに負けてると思いますが、日本人の多くはパスサッカーで崩すべきだと言います。素早いパスでディフェンスの隙を作るという方法を取っています。でも結局先日のガーナみたいにゴール周辺を思いっきり固めたら戦略もクソもありません。だからこそ中盤からのミドルシュートを狙う必要があります。

 結局外からの脅威が無ければ中の守備に集中するだけで点を防げるので、相手からしたら非常に楽です。しかし、外から撃ってくる。ミドルレンジから決められる選手がいる。それがあると守備側は中だけでは無く、外の選手もケアしなければならなくなる。すると守備側のすることが増えます。そこに隙は必ず生まれます。

 ただ、おそらく日本代表は抽象的で意味不明の“自分たちのサッカー”をするでしょう。それを踏まえて僕の予想スコアを書くとするならば

VSコロンビア 0―4

VSセネガル 1―3

VSポーランド 0―3

の0勝3敗と予想します。1点取れたら御の字かなと思ってます。だって日本代表雑魚なんだもん。

 そろそろサッカーも甘やかすフェイズは終わりだと思います。野球を見てください。小久保が散々に言われたりしていましたね。野球はテレビでも厳しく言われます。サッカーもそうあるべきです。スポンサーとか選手個人とかどうでもいいでしょ。多分ファンが真面目に選んだ方がマシな代表が作れると思います。

 まあ日本代表には勝ってほしいという気持ちも少しはありますが、散々にコテンパンにされてサッカー界全体が絶望して欲しいなという気持ちの方が強いです。そっちの方が未来的に良いと思います。

最新記事