とりあえず生存報告

昨日大阪北部を震源に大きな地震がありました。僕は地震が起きた瞬間は自室でニコニコ動画を見ていたのですが、揺れを感じてから「あ、これはヤバい奴だ」と思ってすぐにリビングにあるテレビを見るために移動を開始しました。母親がいつも朝ドラを見ているため運良くNHKがついていました。そこでNHKのチャイムを聞いて本当にヤバい地震だと悟りました。

 NHKのチャイムですが、確か観測震度が6弱以上だと鳴るようになっているはずです。俗にいう七波全中という奴です。今回もその合図であろうチャイムが鳴りました(YouTubeでも聞けますよ)。七波全中とはNHKが国内放送している総合、教育、BS1、BSプレミアム、R1、R2、FMの全てのチャンネルが同じ放送を行う事です。つまりはNHKが本気を出します。

 今回の地震の情報については前の記事でまとめた通りです。僕がニュースや気象庁の発表を独自にまとめたものを載せています。何というか語弊が生まれそうですが、僕は災害時の報道を見るのが好きです。実体験をしてみて、やっぱりそうだなと思います。地震や津波、火事や交通網、インフラなど多くの情報が短時間で流れてきます。そこでどの情報を取捨選択するか、または収拾するかが大切になっていきます。そこで如何に適切な情報を流すか、という点においてマスコミの質が見えてきます。

 他にもインターネット上では様々な地震情報が配信されています。その中でも有名なのは24時間放送されている地震警戒放送でしょうか。僕もたまにしか見ていなかったのですが、今回の地震は発生してから基本的に流しっぱなしです。ぶっちゃけ緊急地震速報と同じか少し早いぐらいの地震検知をしているので、皆さんも災害が起きた時は見ることをお勧めします。震度0も含めて日本で起こるほぼすべての揺れを検知してくれます。深夜寝るときも流してましたが、0時31分に起きた余震もこのアラームで気付きました。朝方の奴も同様です。

 地震はこれからです。どこの断層帯で起きたか断定できないという調査委員会の発表もありました。つまりは何が起きてもおかしくはありません。しばらく1週間は警戒した方がいいかもしれませんね。

最新記事