なつやすみの日記

(てきとうにひらがな多いおたく日記やで)

8がつ18にち。どようび。

大阪・なんばに来るという推しのために、ひさびさに早起きをしました。めざましがなる前に飛び起きてしまうぐらい気合入ってました。すっかりお昼起きの生活になれてしまっていたので、てっきり寝坊かと思いました。DAIMARU大阪店。お店がひらくのは10時。ひらくのと同時にシナモン といっしょに写真を撮らせてもらえるチケットが配られます。9時半前に二階入り口前についた私と友だちはあくびをしながら待ちぼうけていました。何も打ち合わせしてなかったのにお互いに白と青系の服で面白かったです。他にそこにいたのは大学生2人組だけ。すごく混むと思っていたので、少しおどろきました。

しかし、このあいだサンリオキャラクター人気投票1位2連覇したシナモロールさん。そんなはずはありません。

10時になって、空いているからとゆっくりサンリオショップへ向かっていました。その階はこども服売り場が多かったので、百貨店のお店はすごいねなんて話をしてました。

すると奥にものすごい人だかりが!

焦りました。

人の列は手前から見えたよりももっと長く、列の1番最後に並んだときには店員さんに、もしかするとチケットが配り終わってしまうかもしれませんと言われてしまいました。

シナモン さんなめてた、ごめん。

なんばにあまりなれていなかったので、よく分からなかったのですが、シナモン のチケットを取るのがむずかしいときちんと予想できていた人は、他の入り口で待っていたみたいです。なんで1番とおい場所で待ってしまったんだろう。残りのチケット数と並んでいる人数を比べる店員さん。私たちの前で一度とめられて、ハラハラしました。あと1組分です!と言われてチケットをもらったとき泣きそうなった。ギリギリでした。

感謝でいっぱいだったのですが、チケットは一枚で一回。ふたりで来ている人がひとり一枚ずつじゃなくて、ふたりで一枚にしたらもっとたくさんの人がチケットを取れたのに…という気持ちでした。

私たちの後ろの家族でチケットが配り終わりました。 手がふるえたよ。

時間になって、また百貨店に戻ってくると、もうシナモン はもうそこにいてました。まっしろでまるいシルエット。すてきな衣装とあおい目。最高にかわいい口。シナモン の口かわいいんだ…。あ~!としか言えなくなってしまいました。他の人が一緒に写真を撮っているのをみるのも楽しかった。みんなすごく幸せそう。ちっちゃい子や学生だけじゃなくて、大人も何人か来てた。大人の男の人もいて、シナモン のグッズをたくさんもってきてた。確かにめずらしいのだけど、すきなものに生きてるって感じで良いなぁって思った。熱意を見習わないといけないね。

シナモン は前の人を見送ったあと、私たちの方を見て手招きする。それだけでもう癒しでした。あらかじめ、お昼にたこ焼きを食べながら友だちと話していたとおり、お互いシナモン の大きなみみの下に入って写真を撮ってもらいました。ここが収まりがいいんです。ピースするまでの過程も店員さんは撮ってくれたのですが、私も友だちも緊張とうれしさの伝わってくる写真になっていました。きょどうふしんってやつ。

シナモンが帰っていくときみんな後ろについて歩くので、行進みたいになってて。最後はちいさな手で投げキッスしてた。

推しはさいこう。

いい休日でした。

最新記事