ライブ

 そういえば団体の名前に“音楽”が入っていたことを最近思い出したので、音楽のネタについて一つ。ライブって行きますか?アーティストの個人ライブや何組か合同で開かれるフェス形式の物などなんでもいいです。今回はそんなライブについてのお話です。

 昨年の夏から友人に誘われてとあるアーティストのライブに行っているのですが、その時の雰囲気がとにかく異様なのです。まず、始発で会場に行って開始5時間前の物販会場に並ぶところから始まります。そこでブレードなどを購入して、軽食を食べて、そしてようやくライブ本番です。ライブは18時からだったかな?

 ライブもライブで熱量がすごいです。ある曲を例にとると

(イントロ)YEAHHHHHHHHHHHHHH!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

Hi!Hi!Hi!Hi!Hi!Hi!Hi!Hi!Hi!Hi!Hi!Hi!Hi!Hi!Hi!Hi!

(Aメロ)・・・・・・・・・・・(無言で裏打ち)

(Bメロ)PPPH!PPPH!PPPH!PPPH!PPPH!PPPH!Hi!Hi!Hi!Hi!

KI☆T☆TO

(サビ)・・・・・・FFo!!・・せーの!FoFoFoFo‼‼

・・・・・・・・・Hi!

・・・・・・FFo!!・・せーの!FoFoFoFo‼‼

・・・・・・・・・(サビ終わりにサイリウムを上に上げる)

FOOOOOOOOOOOOOO!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

みたいな感じです。(多少誤差はあります)

この文化はコールと言うのですが、体験しているとものすごいです。色んな意味で。

 このコール文化は賛否両論ありますが、ハロプロや声優ライブなどの特定の会場で、特定のリズムやテンポの楽曲であればいいかなと思います。ライブは一期一会その時でしか感じられないものなのですから、歌手もファンもそれを望むならやっていくべきでしょう。(かといって過度なオタ芸はあれですが)

 あとやっぱりコールは楽しいです。ライブ中は飛んだり跳ねたり振ったり忙しいですし、ライブが終わればみんなで筋肉痛+声枯れが発生しますが、いい思い出になります。後は終了後に記念写真撮ってそれぞれ解散します。そしてみんなでTwitter。いい時代になったもんです。

 この文化はある一定の界隈のみで通用するので、必ずしも全てのライブ会場でいけるとは限らない事だけは伝えておきます。因みに外国だと、とあるメタルのライブで観客席の外国人兄貴たちが合唱していました。どうやら盛り上がることに関して国境はないようです。

最新記事