其の二 「あの頃、君を追いかけた」

みなさん、お久しぶりです。

前回の投稿から、はや8ヶ月が過ぎてしまいました。

月一更新を心がけていたのに、2回目にしてすでに夢破れた状態です。

これからは、月一更新、頑張りたいです。(また、夢破れた状態になりそうですが。)

前置きはこれくらいにして、本題に入りましょう。

私は、今年の夏休みや休日を利用して、映画を20本ほど見ています。(暇人という意見は受け付けません。笑)

その中で、特に心に残った作品を紹介したいと思い、筆を取りました。

その作品は、タイトルにもある通り、今月公開された、「あの頃、君を追いかけた」です。

この映画は、2011年に台湾で公開され、台湾で社会現象を巻き起こすほどの大ヒットとなった映画のリメイク版です。

主演に山田裕貴さん、ヒロインに乃木坂46の齋藤飛鳥さんを迎えその他主要キャストにも旬の若手俳優が集結した映画になっています。

今年になって、20本ほど映画を見ているのに、なぜこの映画を取り上げたかというと、今年見た映画で唯一泣いた作品だからです。笑

二十歳にもなって、映画で泣くとは思いませんでした。なんなら、ヒロインの齋藤飛鳥さん目当てで見に行ったくらいです。(冗談半分です。笑)

きっかけはともあれ、この作品を見ることができて本当によかった。心からそう思える作品でした。

感じたことを文字に起こすのは、とても難しいです。

なので、拙い文章になりそうですが、ご容赦ください。

高校生から大人になる10年間を切り取った作品になっているこの映画。

高校生といえば、青春という文字が思い浮かんで、なんだ、ただの青春映画かと思った、そこのあなた!

ヒロインがアイドルか、どうせ演技下手くそだろとか思った、そこのあなた!(齋藤飛鳥さん、ごめんなさい。)

見て!とにかく見て!

それは、偏見だ!

作品見てから、そんな意見を言え!

てか、見ろ!

お金は俺が出してやる!だから、見ろ!

おっと、言葉が乱れてしまいましたね。すみません。

それくらい、本当にみんなに見て欲しい。決して、映画関係者でもなく、決して、齋藤飛鳥さんが可愛いからとかではないです。(まぁ、齋藤飛鳥さんは可愛かったけど。。)

いち視聴者としての意見です。

子供から大人になって、環境や考えなど様々なことが目まぐるしく変わる10年のほんの少しを切り取った映画です。

誰しもに存在するあの頃を切り取った作品です。

僕は映画の中のような青春の日々は送れなかったし、いま現在も遅れていない寂しい人間ですが、そんな僕でも、なぜだか主人公の気持ちが気持ち悪いほどにわかってしまいました。

脚本も、演出も、主題歌も映画を構成するすべての要素も素晴らしかった。

もちろん、これは映画であり、作品なので否定的な意見もあるでしょう。

そういう部分も含めて、ぜひ、みなさんの感想を聞きたいし、話し合いたいです。

そう、結局何が言いたいのかというと、この映画の感想を語り合える仲間が欲しいんです!

前述にもある通り、私は寂しい人間なので、友達も少ないです!

だから、ぜひ、僕の話し相手になってください!

おい!聞いてるか!MUVA諸君!特に、君たちに言ってるんだぞ!

なぜ、コラム上で、寂しい人間ということを晒さないといけないんだ!

全部、諸君らのせいだ!

だから、責任とって、この映画をみろ!

一人一人に、感想を聞くからな!わかったか!

嫌なら、作品作れ!いやだという自分の意見を言え!

いい加減、環境に甘えるな!!!

おっと、また言葉が乱れてしまいましたね。すみません。

この作品は本当に素晴らしいです。

僕は、SNS上のネタバレが嫌いなので、詳しく書きませんでしたし、そのせいで、語彙力の欠如から、この気持ちが伝わっているかとても不安ですが、ぜひ、劇場に足を運んんで欲しいです。

TOHO系列の映画館で公開されています。

そして、僕と、この映画について話し合いましょう。

長文失礼いたしました。

ここら辺で、筆を置きたいと思います。

最新記事