MMCT第1戦結果

 東家に奥井健太、南家に野原拓也、西家に松本佑真、北家に多田知生の席順で対局がスタートした。試合序盤は松本の速攻がさく裂し、大きなリードを取って試合が進む。特に東2局では跳満をツモアガり他家に対して10000点以上のマージンを取った。その後は野原が一度アガりを決めるものの、松本優勢で東場を折り返した。南場も同様に松本のペースであったが、南4局の最後にドラマは訪れた。松本のリーチに対して、これまでアガりの無かった多田が追っかけリーチを仕掛ける。そして、多田リーチ後、最初の松本の捨て牌が当たり牌となり、一発ロン。裏ドラが乗ったことにより親番の跳満が直撃。一気にトップが逆転となった。松本は罰則行為の罰点により2位も陥落し3着でフィニッシュする。細かいアガりで着実に点を稼いだ野原が2着、序盤から終盤まで計4度の放銃を受けた奥井が最下位4着、そして土壇場で逆転を決めた多田が予選会最初のゲーム1着となった。点数は以下の通り、多田40.2野原1.9、松本-14.3、奥井-29.6。次戦は翌週10月26日に行われる。

リーグ順位(10/19現在)

A組野原1.9森0.0村岡0.0松本-14.3

B組多田40.2金0.0高橋0.0奥井-29.6

最新記事