年の瀬

 冬です。というか年越えちゃいそうです。これを書いているときは、2018年ですが、アップされているのは2019年の可能性もある(管理者の気分次第)ので、とりあえず、おはよーごぜーやす。

 これを書いている時点で、僕は寒空の下にいます。しかもまだ日は昇りきっていません。多分同じことしてる人が数万人はいる気がするので、何ら感慨はありません。ボランティアの人が声張って頑張ってるなあって感じです。とにかく寒い。

 まあようはコミックマーケットに来ているのですが、とにかく人が多いです。まず始発電車を待つ列が多分3時ごろから形成されている可能性があります。その時点でやばい。始発の時間は5時20分(これでも特別ダイヤ)僕は4時半前にはいたのですが、それでもゆりかもめのオープンの列はかなりできていました。

 電車も乗ったら乗ったで満員です。それはまだいい。そっから国際展示場正門で降りてからが遠い。西列は割と近いのですが、僕のいる東列は大体10分以上は歩いてやっと着きます。真っ暗の中普通にきつい。

 でも、始まってしまえば楽しいです。一応3日とも予定は立てているのですが、予定外の買い物がやっぱり出てきます。それが楽しい。目についたものの見本を見て、「あ、買います」っていうのいいですねえ。もちろん壁サーは待ちが発生しますが、中の方は意外と少ないので、より取り見取りだったりします。業の深そうなのも多いですが。

 今回は平成最後ということもあってか、人がとにかく大量でした。人気の場所は3時間待ちとかになってたらしいです。(始発だと30分待たずに買えたのに)何というか、こういうイベントに慣れている猛者と遊びがてらに来た人との差を感じました。やっぱ臨時始発って神だわ。

 僕自身はコミケ自体は初です。ただ、ライブとかで物販始発待ちを何度も経験しているので、コンディションを合わせれば苦じゃありません。3時起きとかやろうと思えばできます。なので、始発の電車を待つために2時間弱並びました。それでも列クッソ長かったけどな!

 色々言われたりするイベントですが、実際に参加してみて楽しかったです。購入に行ったサークルもそうでないサークルも見てて楽しそうでしたし、ボランティアのスタッフも頑張ってましたし、来場者もお行儀よく並んでました。次のc96は元号変わって最初です。多分行きますが、ぜってー人多いと思います。確か4日開催とかだったし。いつかは出展者側に立ちてえなあと思いながら終わりたいと思います。よいお年を!それかあけましておめでとうございます!

最新記事